トップ

足のむくみと冷えを解消

むくみを引き起こメカニズム

足のむくみのメカニズム

立ち仕事で一日中立ちっぱなし、デスクワークで座りっぱなしというライフスタイルから、夕方になると足がむくんで靴がきつくて困る、指で足を押さえると跡が残るほどパンパンになるということがあります。これは女性によく見られる症状のひとつのむくみで、むくみは医学的には浮腫とも呼ばれています。足のむくみにお悩みならこちら。

むくみは血液の巡りと深い関係があります。
体内の血液は、心臓がポンプのような役割をすることで体中を巡っています。体内を巡る血液は動脈を通って水分や栄養分を細胞へ供給し、細胞内で不要になった水分は静脈やリンパ管から戻ることで体内を循環しています。この静脈やリンパ管の流れが滞ってしまい、本来なら戻るはずの水分が溜まったままになっているのがむくみです。

<むくみを放置するとどうなるの?>
心臓から遠い位置にあることと、重力の関係で体の下に水分が溜まりやすいことから、足はむくみやすい部位です。同じ姿勢を続けることが多いと、足の組織液の循環が悪くなり、細胞のすき間に水分が溜まりやすくなります。それ以外に冷えや疲労や睡眠不足からもむくみは起こりやすくなります。ふくらはぎの筋肉は、血液を心臓に戻すためのポンプの役割をしていますので、運動不足による筋力低下もむくみの原因になります。

一晩寝て改善するような足のむくみは一過性のものですからそれほど心配することはありませんが、慢性的なむくみを放置しておくとその滞った老廃物が足の脂肪になり下半身が太くなってしまいます。

更にむくみが悪化すると頑固なセルライトになってしまい、なかなか元には戻りません。ふくらはぎのむくみを常に感じていて足がだるいと思っている人は、足の血管がコブのように膨らむ下肢静脈瘤になることもあります。むくみはほっておかずに早めに解消することが大切です。